快適なネット環境を作る光回線の開通工事

契約する前に確認したい注意事項

管理会社や大家に確認

光回線の工事ではケーブルを外から屋内に引き込まないといけないので、どうしてもケーブルを通す穴が必要です。
電話用の配管やエアコンの通気口がない、もしくは詰まっていたりして余裕がない、という時は壁に1cmほどの穴を開けることになります。

家が持ち家であればよいのですが、賃貸の場合、「大家か管理会社の許可をとってください」と申込の際に注意書きがあり、許可がある前提で工事が進められます。
エアコンと通気口からなど既存の穴でいけるだろうと思っていても、工事担当者が現場を確認すると、新たに穴を開けないといけなくなり、そのときに「実は許可とってないです」となれば、工事を中断しなくてはいけません。
そのようなトラブルは避けるためにも、事前に確認しておきましょう。

工事の時期とセットアップ

申込みをしていざ工事日の予約を!と、予約ページに移動すると、選択できる日がかなり後だった、ということは少なくはありません。
引っ越しシーズンは引っ越し業者だけでなく、こういった業者への申し込みが増えやすいので、申込みをしてから開通する日まで時間が空いてしまうかもしれないことは想定して、申込みをしましょう。
引っ越しシーズンに限らず、工事費無料などのお得なキャンペーンをしている時も工事が混雑しやすいです。

また、工事が終わっても、設定をしないとWiFiは使えません。
スマホの設定画面や、パソコンのインターネットの設定で、ルーターや申込みの際にもらった冊子に書かれているIDやパスワードを入力し、接続しましょう。
この設定が苦手という方には事前の申込みでセットアップをしてくれるサービスがあるので、工事日より前に申込みをしておくとスムーズです。


TOPへ戻る