快適なネット環境を作る光回線の開通工事

光回線工事の基本的な流れは?

申込みと工事の予約

光回線の業者はたくさんあるので、料金や提供しているサービスなどを比較して選びましょう。
携帯電話業者などと提携していて、携帯電話代の割引が受けられる特典がある時もあるので、そういった点から選ぶのもいいかもしれません。

申込みはネットでできますが、サービスが受けられる地域かの確認をまず行い、可能であれば手続きを進められます。

申込み後、工事日の予約をします。
工事は1日だけの業者と2日に分けてする業者がありますが、立ち合いが必要になるので、多少時間が前後してもいいように予定にゆとりがある日を選ぶ方がいいでしょう。

また、キャンペーンなどで工事が混雑すると、申込みをしてもすぐに工事に来てもらえないこともあります。
既存のモバイル回線などの契約があるならば、解約日は工事の日を考えて決め、連絡しましょう。

工事の流れ

戸建ての場合、近くの電線から光ファイバーケーブルを引き込みます。
次にケーブルを屋内に引き込むのですが、エアコン用の通気口など、既に穴が開いていて、空間に余裕があればそこを利用します。
電話用の配管を利用することがありますが、どちらもない場所から引き込む時は建物に穴を開ける場合もあります。

光コンセントを壁に設置し、ケーブルを差し込みます。
用意していたWiFiルーターと光コンセントを接続し、ここで大体の工事が終了します。
最後に工事担当者が接続のテストを行い、光回線が開通しているかを確認してくれます。

マンションの場合、電柱からの引き込みや光コンセントの設置を既に行っていることもありますが、戸建ての工事の場合と大まかな流れは同じです。



TOPへ戻る